靴を作る4

4回目の記録。

靴を作る

3回目で叩いたかかとの縫い合わせ部分に、
なんて名前だか忘れたパーツを縫い付けます。
本体と同じ革を使うのがきっと一般的なんだけど、
そこはやっぱり何かひとひねりしたいのが、私。
濃いめのピンクの革をポイントにしてみました。むふ。

お次は内側。
これもまた色が選べたんですが、
汚れが目立つかなとは思いつつ、ベージュ系をチョイス。
いろんな靴を思い浮かべたんですけど、
靴の中ってだいたい白とかベージュ系なのはなんでだろ?

靴を作る

型紙を写して裁断。
この革はとっても柔らかくて苦手な包丁通りもすいすい~。

↓2色縫い合わせてるように見えるのは、別の革ではなく、同じ革の表と裏。
かかとの部分に裏側を出すことで、
摩擦によって、歩いた時に靴が脱げにくくなるんだそう。
なるほど。
そういう細かな工夫があちこちに詰まってて、奥深さを感じます。

靴を作る

内側の革を表の革に仮止めして4回目は終了。
パーツだけ見てると、これが靴になるの~とまだまだ不思議な気分。

靴を作る

 靴を作る